スタンフォードサイドストーリー2010


介護保険業務の効率化を狙うなら「かがやきぷらん2」

介護保険業界で大変なお仕事といえば請求業務があげられます。
現在ではほとんど手書きで処理することはありませんが、介護保険ソフトにどのようなものを使うかで、業務の効率が違ってきます。
実際に請求業務をする方は、導入しやすく使いやすい介護保険ソフトを使いたいですね。

介護保険ソフトの中でもおすすめなのが「介護保険請求ソフト かがやきぷらん2」です。
かがやきぷらん2は、初期費用が無料といううれしいソフトです。
1人当たりの利用料も月額525円からですから、コストを抑えるのにも役立ちます。
月額利用料以外のコストはかからず、年会費も必要ありません。

分からないときはヘルプデスクに無料でご相談が可能です。
高額なソフトを購入したり、面倒なダウンロードが必要ないのも導入しやすい秘密です。
いつでも最新の状態で使えるよう、無料でバージョンアップをすることができます。

請求業務もかがやきぷらん2を使えば簡単です。
予定・実績を設定するだけで国保連への請求ファイルが自動的に作成されます。
メディアも伝送・紙媒体・FDまたはMOから選べます。

さらに、伝送サービスのみのご利用も可能です。
他者のソフトで作成したファイルもかがやきぷらん2で伝送することができるので、大変便利です。
介護保険ソフト

介護保険請求ソフト「かがやきぷらん2」の詳しい情報は⇒こちらをご覧ください。

印刷市場の今後の展開について

現在、印刷市場は厳しい状態が続いているといわれています。
デジタル化の流れや家庭用印刷機の高性能化等が進み、企業としての印刷工場は経営が悪化し、倒産をしている会社も沢山あります。印刷市場が厳しい状況に陥ればそれだけ競争も激しくなります。価格競争に敗れた会社は経営が悪化し続けていくという状態で印刷業界全体が悪い方向に流れて行っているようです。

インターネットの普及は紙の必要性を減らしています。新聞も電子新聞で情報を集めることができるようになり、紙面の必要性が減ってきました。印刷を頼む業者が減ってきて印刷業界全体が縮小化に向かったということもあります。印刷業としてこの先経営を続けていくためには今までの印刷という概念にとらわれていてはいけない状況になってきているのかもしれません。

材料費の高騰も目立つようになり、印刷市場は今後も苦しくなる傾向にあるといわれています。
日本の印刷市場は二大企業によって独占されている状態が続いているため、小さな会社は経営をするうえで工夫していく必要があります。印刷メディアには印刷にしかない強みがあり、それを利用して市場の拡大を図る動きもあります。電子メディアとの共存が今後の課題と言えるでしょう。


More »