スタンフォードサイドストーリー2010


通販サイトで後払い決済をしたいなら。

今では個人の方も通販サイトを運営することができるようになりました。
その時に悩みの種になりやすいのが、”通販決済”について。
オークションサイトなどは入金が確認されてから商品を発送しますが、通販サイトの場合は後払いが一般的です。

とはいえ、後払い決済についてはあまり詳細を知らないという方も多いでしょう。
・面倒そうなイメージがある
・どの業者もサービスが似通っていて違いがよく分からない
という意見はもちろんのこと、
・運用コストをなるべく抑えられる業者を知りたい
と考えている方もいらっしゃると思います。

そこでおすすめしたいのが、通販超大手の”ニッセン”による後払い決済サービス、『@払い-ニッセンCOLLECT』です。
ニッセンの長年の通販実績で培われたノウハウをそのままサービスとして提供しています。

導入費用や月額固定費が無料ということや、業界最安の決済手数料と言ったことが魅力。
さらには債券譲渡型決済が導入されているので未払い分についてはニッセンが保証してくれるというのもうれしいですね。

詳しい内容については、こちらのホームページをご覧ください。
一番気になる”後払い決済の流れ”については図式で分かりやすく説明してくれています。

印刷市場の今後の展開について

現在、印刷市場は厳しい状態が続いているといわれています。
デジタル化の流れや家庭用印刷機の高性能化等が進み、企業としての印刷工場は経営が悪化し、倒産をしている会社も沢山あります。印刷市場が厳しい状況に陥ればそれだけ競争も激しくなります。価格競争に敗れた会社は経営が悪化し続けていくという状態で印刷業界全体が悪い方向に流れて行っているようです。

インターネットの普及は紙の必要性を減らしています。新聞も電子新聞で情報を集めることができるようになり、紙面の必要性が減ってきました。印刷を頼む業者が減ってきて印刷業界全体が縮小化に向かったということもあります。印刷業としてこの先経営を続けていくためには今までの印刷という概念にとらわれていてはいけない状況になってきているのかもしれません。

材料費の高騰も目立つようになり、印刷市場は今後も苦しくなる傾向にあるといわれています。
日本の印刷市場は二大企業によって独占されている状態が続いているため、小さな会社は経営をするうえで工夫していく必要があります。印刷メディアには印刷にしかない強みがあり、それを利用して市場の拡大を図る動きもあります。電子メディアとの共存が今後の課題と言えるでしょう。


More »